こころと身体の栄養療法

主治医が教えてくれない栄養療法の話    うつ、がん、アンチエイジング

あなたがご自分の主治医になって下さい


あなたが自分自身のドクターです

このサイトの一番の目的は、あなたにご自分の主治医となって頂くことです。

初め、サイトの題は「栄養療法であなたがドクター」、略して「アナドク」にしようと考えていたほどです(笑)。

残念ながら、現在栄養療法はそのほとんどが自費診療となっています。たとえ病気の治療が目的であっても診察から検査、すべてが保険適応外となっているクリニックも少なくありません。というのも、カウンセリングに時間がかかったり、保険適応外の検査、点滴治療などの必要があったり、サプリメントの処方には保険で処方料が出ないなどの理由によります。また、ご近所に栄養療法専門のクリニックがないという方も多いと思います。

ですが、ご安心ください。栄養療法は決して難しいものではなく、あなた自身がご自分の、あるいはご家族の”ドクター”となれるのです。そしてサプリメントはインターネットを通して品質のよいものがお安く手に入ります。

日本のサプリメントについて

最近では国産のサプリメントがたくさん製造されています。
ドラッグストアに行くと、以前は米国産のものが多かったのですが、最近は国産のサプリメントも多く並んでいます。
その中で、どれを選んだらよいのか迷ってしまわれることでしょう。

またクリニックによっては、「ドクターズサプリ」と称して国産のサプリメントを販売しています。私たちは普通「made in Japan」に絶大な信頼を寄せています。海外のものよりも日本で作られたものの方が安心で品質もよいに違いない、という理由の無い確信を抱いている日本人が多いのです。けれども、驚くことに国産のサプリメントよりも海外の信頼のおけるメーカーのサプリメントの方が含有量が多く、しかも品質は確かなものが多いのです。
これには隠された理由があります。

私は栄養療法を始めてから、ビタミンCの点滴のための高容量の点滴薬を作ってもらえないかと製薬会社数社に相談したことがあります。中には現在、アスコルビン酸(ビタミンC)の製剤を製造している会社もありました。ただ用量をふやすだけですから、何も難しいことではないはずです。
ところが、答えは
「作れません」
でした。需要がどの程度あるのかも説明しましたし、担当者もよく理解してくださったのですが、
「保険適応以上の量の製剤は薬事法の規制で作れません。」
ということでした。私は本当にがっかりしました。

保険による利用ではなく、サプリメントの扱いとしてもだめだということです。

つまり、日本国内においては薬事法の規制が厳しいため、サプリメントは用量の低いものしか製造できないのです。これでは栄養療法に必要な充分な量をとれないため、効果を得ることはできません。
そもそも、保険で定められたビタミン剤の量は恐ろしく少ないのです。米国産の用量の多いものを購入して頂くほうが効果が期待できます。

また品質についても、たとえば米国の基準は非常に厳しく、FDAの管轄下で問題があった場合にはすぐにインターネット経由で公表されるし仕組みとなっています。それをしっかりとクリアしている米国製の老舗メーカーのサプリメントが国産のサプリメントに劣っているということはまずありません。もちろん、米国産のサプリにもいろいろなものがありますから、基準としては、

ドクターズサプリ裏話

このことを棚にあげて、ドクターズサプリはいかにも海外のサプリメントに比べて品質がよく安心とという宣伝文句で高い値段で売られているのです。もちろん、楽に飲めるように合剤になっているなど、素晴らしい工夫がされているものもありますが、そういったものを選ぶのか、それとも少し手間はかかりますが、必要な栄養素のサプリメントを一つずつ買い集めて飲むのかはご自分でお財布とご相談のうえ判断なさってください。

こんなことを書くとドクターズサプリを販売している医師(知り合いにもいます)ににらまれてしまいそうですが、それを覚悟であえて真実を書かせて頂きます。昔から薬九層倍と言います。通常の薬であれば、膨大な開発費がかかっていますから、それを価格に上乗せするのも仕方ないでしょう。けれども、ビタミン剤には開発費もかかっていませんし、原料費も微々たるものです。

そして、サプリメントの会社は利益率が非常に高いことが知られています。インターネット経由で購入できる海外のサプリメントはお安いですが、決して品質が悪いのではありません。国産のサプリメントが高すぎるだけです。私は今までほとんど米国産のサプリメントを利用していますが(おすすめのサプリメント参照)、全く何の問題もなく、しかも素晴らしい効果を認めています。
現在のところでは、古くから歴史のあるメーカーを選べば間違いないと考えています。

 更にもう一つ裏話をご紹介しておきます。ドクターズサプリは信頼性が高いと患者さんから好まれるため、開発者、業者ともにとても儲かります。ですから、栄養療法を専門としていると、その手の業者から「先生のブランドのサプリを作りませんか?」という”甘いお誘い”がかかります。確実に儲かるためです。有難いことに私も声をかけて頂きました。

「先生のブランドで売り出せば確実に儲かります!」というお話でした。もちろんお断りしたのは言うまでもありません。

米国のサプリメーカー

私がよく用いているのはNow Foodsのものです。Now Foodsは1968年以来50年の歴史を持っています。
Nature Madeは40年。Nature Madeのサプリは大塚製薬が日本で販売していますが、残念ながらやはり日本での扱いとなると、大幅に含有量が少なくなっています(ビタミンC、ビタミンEを除く)。こちらのブランドのものであれば やはりiherbで購入するのがよいと思います。

次にSolarayです。こちらは1993年に2社が合併していますが、歴史は1932年までさかのぼります。
Life Extentionは35年、Source Naturalsは36年です。

どの会社も30年以上の歴史を持っていますから、基本的なビタミン、ミネラルであればまず問題ないと考えています。

ヨーロッパのサプリメーカーも非常に厳しい基準で製造を行っています。ただし、米国産のものに比較してお値段が高く、iHerbのような個人輸入サポートの大手業者がないことなどから、多くの方にお勧めできる状況ではありません。

サプリメントの購入は、よくお考え頂き、選択なさってください。