こころと身体の栄養療法

主治医が教えてくれない栄養療法の話    うつ、がん、アンチエイジング

slideimage

はじめまして。予防医学、栄養医学を専門としております法政大学の宮川路子です。

私は高校生のとき、父のがん闘病をきっかけに医師を志しました。
医学部を卒業した後、大学院で病気の原因を探る疫学について学び、生活習慣病の原因を明らかにし、リスクを乗り除くことで病気を防いでいく予防医学を専門としてきました。

医師となって20年が過ぎたころ、よい食習慣や運動習慣などの生活習慣対策だけでは防げない病気が多いことを実感し、栄養療法の道に入りました。私が栄養療法を始めた経緯について、詳しくはこちら(その1その2)をご覧ください。

栄養療法によって、健康状態が改善し、とても多くの病気がよくなることを身をもって感じております。そして同時に、現在の医療では栄養が軽視されており、医師ですら正しい栄養の知識を持っていないことに愕然としています。

通常のクリニックでは、栄養についての細やかな指導は行いません。なぜなら、医師自身が栄養療法についての知識をまったく持っていないことが多いからです。また、サプリメントに拒否反応を持つ医師も多数います。現在の医療界では「栄養療法を専門としています」と言うと、白い目で見られてしまうほど理解が得られていないのが現状です。

このような状況の中で私は栄養療法についての正しい知識をできるだけ多くの方に広めることができるように願いを込めてこのホームページを開設致しました。
商業用のページではなく、個人で作成致しますので、少しずつ書き溜めて参ります。私が大学の講義でお話ししている内容も含めてご紹介します。
栄養療法に限らず、私が取り入れている治療(水素療法、温熱療法、その他)についてもお伝えします。その意味では統合医療のページと言えるかもしれません。

人間の身体は栄養素でできています

人間の身体は37兆個の細胞で構成されています。その一つ一つの細胞はすべて栄養素で成り立っています。そして、その中で行われている生命活動に欠かすことができないのは各種のビタミンとミネラルです。実は身体で起きる不具合はそのほとんどが栄養素の偏りから生じています。驚くべきことにこころの病と言われるうつ病や統合失調症なども栄養の調整によってよくなることが多いのです。

身体は医薬品で出来ているのではありません。身体が求めているのは栄養素です。栄養素は一番安全で効果のある”予防薬”、“治療薬”なのです。
 

科学的根拠に基づいた情報をお届けします

近年「科学的根拠」に基づいた医療が重要視されるようになってきています。

インターネットの発達によって、一般の方でも医学情報を簡単に手に入れることができるようになってきました。けれども、世の中にはいろいろな医学情報が氾濫し、その質はまちまちでいったい何が正しいのか、何を信じたらよいのかわからない状態になっています。

インターネットで検索してみると、いかにも信頼できそうな情報、たとえば質の高い論文についての解説などであっても、その論文の本来の意図を曲げて解説がなされていたり、素人の方が惑わされてしまうような内容のものが多数見受けられます。医師が開設しているHPにも中には危険と思えるような医学的指導を行っている場合すらあるのが現状です。また、栄養療法を行っている医師、クリニックのHPでは高価なサプリメントの購入を勧めることが多くあります。

このHPは、素人の方にわかりやすく、適切な情報をお届けすることを目的としています。私が予防医学の専門家の立場から、今まで大学の講義や講演会、患者さんの健康指導でお話ししてきた内容、自信を持っておすすめできる健康法をご紹介していきます。すべてを一度に実践するのは大変ですが、どれでもできることから始めてみてください。単独でも効果があります。

サプリメントや健康グッズなどについては実際に私自身が購入し効果を確認して自信をもって良いと思う商品をご紹介致します。

あなたがご自分の主治医になってください

栄養療法では食事とサプリメントで健康を向上させ、多くの病気、症状に対応していきます。あなたは、ご自身で知識を身に着け、何がご自分にとって必要なのかを学んでください。誰にも頼らずに、ご自分の力で健康状態を改善することができます。

もちろん、西洋医学が有効な病気、必要な病気はたくさんあります。けれどもそのような場合でも、栄養療法を併用することによってより状態が改善したり、薬の量を減らしたり、またはこれもとても大切なことなのですが、薬の副作用をおさえたりすることができる場合が多々あります。

しかも何より、副作用がまったくない栄養素で身体の調子を整えるわけですからとても安全です。薬との飲み合わせを心配する必要もほとんどありません。

是非、ご自分で必要な知識を身に着け、自分自身の健康を作り上げてください。
栄養療法で、今日からあたながご自身のドクター(主治医)となってください。

栄養療法をお伝えしたい方

栄養療法はすべての方にとって必要なものですが、特に次のような方にこのHPの情報をお届けしたいと考えております。

 健康な方:病気を予防し、健康度をアップさせて健康寿命を延ばしたい方
 グレーゾーンの方:健康診断結果が徐々に悪化してきている方、体調がいまひとつである方
 病気で治療中の方
 精神的に参っている方
 精神科の薬をのんでいる方:うつ病、統合失調症、不安障害など
 不妊症の方
 妊娠・出産を控える女性の方
 老化が気になる方
 1人暮らしの方
 落ち着かないお子さんをお持ちの方
 障害児を抱えている方
 頭痛、肩こり、腰痛などの慢性的な症状のある方

このような方のために、栄養療法が問題解決につながるようにという気持ちをこめて作成しています。
このページが少しでもあなたの助けになれば幸いです。

                              
                                  宮川 路子