こころと身体の栄養療法

主治医が教えてくれない栄養療法の話    うつ、がん、アンチエイジング

水素について


水素の医学的効果

水素は、2007年に日本医科大学の太田成男教授の研究グループから非常に画期的な論文(1)が、「Nature Medicine」という権威のある医学雑誌に発表されました。

すべての病気の原因ともいわれている活性酸素を体内で効率よく選択的に取り除き、脳梗塞による脳の障害を著しく減らすことが突き止められたのです。これはマウスによる実験でしたが、水素分子が抗酸化物質として健康障害の予防・治療に有用であるという世界初の研究であり、人においても同じ効果が期待できると世界中から注目を集め、これをきっかけに多くの水素研究がスタートを切りました。

それから10年が経過した現段階において、数百もの科学論文が発表され、そのほとんどが水素の効果を肯定するものとなっています。ほぼ全身にわたる多くの疾患に対する効果が報告されています。また、すでにおよそ20の臨床実験が行われており、日本においては先進医療の指定を受けています(2)。

水素はすでに先進医療指定となっています

私の母校である慶應義塾大学医学部では水素研究センターが設置され、救急に心停止で運び込まれる患者さんに水素吸入を行った場合、蘇生後の脳障害、心臓障害が大幅に抑えられることが確認されています(3)。現在この研究はさらに対象を広げて20もの病院で臨床試験が行われています。

水素の効果について

   早期の疲労を防ぎ、持久力、疲労回復をサポートする
   ミトコンドリアのATP生産をサポートすることによってエネルギーを増加させる
   筋肉中の乳酸生成を減少させる
   フリーラジカル生成を抑え、酸化ストレスを減少させる
   微小傷害からの保護
   抗炎症効果
   血管拡張、循環促進効果

水素の効果が期待できる疾患

MEDLINEという論文検索ソフトで検索した結果、今までに研究で確認されている水素により予防、治療の可能性のある疾患は以下の通りです。ただし、動物実験の結果によるものも含みます。2015年にこれまでの水素研究を網羅する論文(4)が出ましたが、これをみると、ありとあらゆる臓器、疾患に効果がある可能性が高いことがわかります。

生活習慣病:糖尿病、高血圧、脂質異常症、動脈硬化、メタボリックシンドローム
循環器疾患:脳梗塞、脳出血、心筋梗塞
神経疾患:パーキンソン病、アルツハイマー病、認知症
肝臓:ウイルス性肝炎、肝硬変
アレルギー性疾患:花粉症、アトピー性皮膚炎、気管支喘息
自己免疫疾患(膠原病):関節リウマチ、SLEなど
筋疾患
悪性腫瘍:乳がん、大腸がん、肺がん、すい臓がん、前立腺がん
抗がん剤、放射線治療の副作用軽減
感染性・炎症性疾患:クローン病、歯周病
その他:白内障、筋肉疲労回復、日焼け、乾癬など

水素カプセルのお勧め
吸入が一番であると考えていますが、外出先、旅行中など、吸入ができないときにこのカプセルを飲んで体内で水素を発生させるというのは効果的です。お値段が高いため、ずっとこれを飲み続けるのは現実的ではありませんが、補助的な利用は簡単で便利です。
日本機能性医学研究所 水素カプセル 「水の素」水素サプリ

参考文献

(1) Ohsawa I, Ishikawa M, Takahashi K, et.al. Hydrogen acts as a therapeutic antioxidant by selectively reducing cytotoxic oxygen radicals. Nat Med. 2007; 13(6): 688-94.
(2) 厚生労働省 先進医療 
  https://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/sensiniryo/kikan03.html
(3) 佐野元昭 水素ガス吸入療法による心肺停止蘇生後臓器障害抑制 Organ Biology 23(2):117-120 2016
(4) Ichihara M, Sobue S, et al. Beneficial biological effects and the underlying mechanisms of molecular hydrogen- comprehensive review of 321 original articles. Med Gas Res. 2015; 5:12.